寺社・木造建築の基礎知識(瑕疵担保法)|藤井寺社建築工業
Fujii-jisya-kenchiku-kougyou


寺社建築から伝統工法・一般木造住宅(和風・洋風・店舗)に対応する宮大工です。 設計から施工まで完全責任施工。


Top
寺社・木造の基礎知識に戻る

寺社・木造の基礎知識
寺社・木造共通
  

住宅瑕疵担保覆行法について


瑕疵担保法とは、2009年10月1日をもって、施行される新しい法律です。

言葉は、難しいですが平たく申しあげますと「建築会社や施主を違法建築から守りましょう」という法律です。

では、具体的に説明していきます。

新築住宅の売主又は、元受業者が、国土交通大臣の指定する保険法人と保険契約を交わし、瑕疵が発見された場合、その補修費等が

保険金により補填される制度です。

また、瑕疵が発覚した時点で、売主や元受業者が廃業又は、倒産していて補修を行えない場合、保険法人に直接保険金の請求が、出来ます。

しかし、公共的な物件には適用しないそうです。(国土交通省(談))

この場合、気になるのが寺社建築です。

本堂と庫裏が一体化した物件は一般木造建築扱いで、瑕疵担保保険に加入出来ますが、本堂単体で建立する場合は、国土交通省と相談するとの

回答でした。(説明会時)

寺社建築は、特殊建築に当たりますので、確認申請時、双方間(国土交通省-建築業者間)で、内容を具体的に詰めておく事が重要となります。

瑕疵担保図


TOPに戻る