介護リフォーム|藤井寺社建築工業
Fujii-jisya-kenchiku-kougyou


寺社建築から伝統工法・一般木造住宅(和風・洋風・店舗)に対応する宮大工です。 設計から施工まで完全責任施工。


Top
寺社・木造の基礎知識に戻る

寺社・木造の基礎知識
寺社・木造共通
  

介護リフォーム


ご家族の高齢化や病状の悪化により、介護リフォームが必要となる場合があります。

其の時に、介護保険の適用で、ご家族の負担を少しでも小さくする為に、住宅改修制度があります。

上記の制度では、最大一人あたり最高20万までの補助を受ける事が出来ます。 

また、1世帯ご夫婦で認定されている場合、40万までの助成金を受け取る事が可能となります。

ここで、ご注意して頂きたいのは、見積額が20(一人当り)万を超える場合、例えば見積り額が30万となった時、差額分の10万は自己負担となります。

但し、改修内容については、条件が御座いますので、ケアマネージャ(介護専門員)などに確認しておく事をお勧め致します。

さて、下記の写真は、あるお宅のリフォーム後の写真です。

工事内容と致しまして、このお宅は、純和風で続きの間(部屋)を中心とした日本家屋です。

炊事場が、土間となっており、老朽化が著しい為に、一旦土間を解体し、防湿・断熱処理を施した後、再度復旧致しました。

土間と部屋の段差が大きい事から、踊り場と階段を新たに設けました。(写真上段)

其の他の工事と致しまして、一部リフォーム・トイレ・風呂内部・風呂出入り口・外廊下・部屋の一部等に手摺を設けております。


介護リフォーム1 介護リフォーム2 介護リフォーム3
介護リフォーム4 介護リフォーム5 介護リフォーム6


TOPに戻る