寺社・木造建築(耐力壁)|和歌山の宮大工 藤井寺社建築工業
Fujii-jisya-kenchiku-kougyou


寺社建築から伝統工法・一般木造住宅(和風・洋風・店舗)に対応する宮大工です。 設計から施工まで完全責任施工。


Top
寺社・木造の基礎知識に戻る

寺社・木造の基礎知識
寺社・木造共通
  

C 耐力壁


 耐力壁とは、地震や強風など横からの力に抵抗出来る壁の事です。
 木造建築において、筋交いが、代表的な物です。
 また、2X4(ツーバイフォー)の様に枠組み工法の場合は、構造合板(コンパネ等)を用いたものを面材耐力壁と言います。
 プレハブ住宅の耐力壁は、木製の筋交いの替わりにブレースと呼ばれる鋼材の鉄筋が使われています。
 下記の図の様に、柱−柱間に板や構造用合板をハメ込み筋交いと併用する方法もあります。
 力壁と言って、筋交いや合板を闇雲に並べれば良いと言う訳では、ありません。
 各財を固定する金物の種類・間隔等法的な規準がありますので、此れを守る必要があります。

耐力壁


TOPに戻る