寺社・木造建築(大壁)|和歌山の宮大工 藤井寺社建築工業
Fujii-jisya-kenchiku-kougyou


寺社建築から伝統工法・一般木造住宅(和風・洋風・店舗)に対応する宮大工です。 設計から施工まで完全責任施工。


Top
寺社・木造の基礎知識に戻る

寺社・木造の基礎知識
寺社・木造共通
  

B 大壁


 木造軸組住宅主流の壁工法で、洋室の様に柱や筋交いを見せない構造となっています。
 利点として、壁圧を大きく取れるので、配管や筋交い・遮音材・断熱材を挿入し易い利点があります。
 柱−間柱・間柱−間柱に断熱材を入れるのが、一般的ですが、不均等を起し壁内の結露に注意が必要です。
 耐火ボードは、ビス(ネジ)で固定し、コンパネは釘で固定します。
 また、各固定金物は、鍍金(メッキ)加工した物を使用します。
 耐火ボードとは、石膏を板状にしたものに紙を貼った物です。
 因みに、紙は、糊(ノリ)で貼り付けたものでは無く、石膏の針状の粒子が紙の繊維に食い込ませて、一本化したものです。

大壁詳細


TOPに戻る