寺社・木造建築(ラスボード下地壁)|和歌山の宮大工 藤井寺社建築工業
Fujii-jisya-kenchiku-kougyou


寺社建築から伝統工法・一般木造住宅(和風・洋風・店舗)に対応する宮大工です。 設計から施工まで完全責任施工。


Top
寺社・木造の基礎知識に戻る

寺社・木造の基礎知識
寺社・木造共通
  

A ラスボード下地


 内装専用の下地壁です。

 土塗り仕上げに最も適した下地は竹小舞下地ですが、近年、このラスボード下地に土塗りも行われております。

 ラスボード下地既調合漆喰塗りは、内部漆喰塗りとして、一般的で塗装では感じられない上品な仕上がりになります。

 施工上の注意として、薄塗りの漆喰壁は下地の影響を受け易いので、下地を強固にする。

 また、ラスボードの継ぎ目処理を怠ると、ひび割れの原因となる為、メッシュ等の割れ止め加工が重要となります。

真壁(ラスボード下地)


TOPに戻る