寺社建築(お地蔵様鞘)|和歌山の宮大工 藤井寺社建築工業
Fujii-jisya-kenchiku-kougyou


寺社建築から伝統工法・一般木造住宅(和風・洋風・店舗)に対応する宮大工です。 設計から施工まで完全責任施工。


Top
写真・CADに戻る


お地蔵様鞘


地蔵堂1



本お地蔵様の鞘新築工事は、某建築会社様に依頼を承り、工事したものです。

最初のお話ですと柱を真っ直ぐ建てての工事でお話が進んだのですが、其の場合、筋カイが入らない
事から、4方転び(各柱を内側に倒して強度を出す方法)での工法を採用させて頂けるようにお願い
いたしました。

参考までに筋交いが入らない理由として、上下貫間に格子が入っている為です。

また、各部材が、枝割より少し大きめになっておりますが、中々バランスの取れた鞘になっていると
思います。

施工上の注意として、4方転びの場合、4本目の柱を組み込むとき通常の棟上の様に柱を建てる
事は出来ません。

貫が少し硬いかなと感じる様では、組み込みに難儀致しますし、緩いと4方転びの意義をなしません。
よって、貫のの硬さ加減が重要となります。

また、瓦を葺く場合、片方に過重を掛け過ぎると建物が捩れるか、最悪の場合、倒壊につながります。
瓦を葺く際には、両屋根に均等になる様に過重を掛けてから葺くことが重要となります。

上記2点は、鐘楼の施工の時でも同じ事が言えます。
地蔵堂2
地蔵堂3
地蔵堂4
地蔵堂5


TOPに戻る